働き方改革に必要不可欠!リモートワークの役割とその導入方法

未分類

働き方改革が行われた今、リモートワークが注目を集めています。

とはいえ、長年日本はリモートワークという文化があまりありませんでした。

そのため、イメージが掴めない人もいると思いますが、リモートワークというのは今後の時代に必要不可欠な働き方ともいえるでしょう。

この記事では、なぜリモートワークが必要なのかということや、導入方法などについて、詳しく解説していきます。

働き方改革でリモートワークはなぜ必要?

リモートワークが必要になってきている理由は、1つではありません。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

時代に合わせた働き方を作るため

昨今では、

  • フルリモート
  • ハイブリッドリモート

などが積極的に導入されています。

フルリモートというのは、フルタイムリモートワークの略称で、必要でない場合以外は自宅で仕事をするという働き方です。

特にエンジニアなど、IT関連企業で導入が始まっていて、そもそも出社しなければならないというルールが存在しないのです。

ハイブリッドリモートというのは、出社する日と自宅で勤務する日を使い分けるという働き方です。

この働き方が導入されてきているため、

  • 子を持つ父、母
  • 親の介護が必要な人

なども、気軽に働くことができるようになってきているのです。

このように、時代の流れに合わせて柔軟に働き方を作っていく必要があります。

そのきっかけづくりとなるのが、リモートワークなのです。

 

労働環境を整えて生産性やモチベーションを向上させるため

中には、

「社員を出社させた方が生産性や仕事へのモチベーションが上がるだろう」

と考えている経営陣もいます。

しかし、実施にはそんなことはなく、リモートワークを行いたいと思っている人もかなり多く存在します。

例えば、

  • 人と会うのがストレス
  • 満員電車に乗りたくない
  • 家にいたい

このような考えを持っている人が、それを我慢して出社したとしても、あまりモチベーションは上がらないでしょう。

モチベーションが上がらないということは、当然業務の生産性も落ちるわけですから、負の連鎖になってしまいます。

リモートワークを導入し、しっかりと仕組みを作ることができれば、場合によっては社員が出社して働く以上の生産性を上げてくれたり、モチベーションを高めてくれたりする可能性があるのです。

 

リモートワークのメリットは?

リモートワークを導入するメリットが少ないのであれば、わざわざコストかけて導入する必要はありません。

しかし、リモートワークを導入しても回っていく仕事があるのであれば、多少のコストは初期投資と考えることができますよね。

結論から言ってしまうと、リモートワークにはいくつものメリットがあります。

それでは、具体的にどのようなメリットがあるのか、ということについて、詳しく見ていきましょう。

時間の有効活用

まずは時間の有効活用です。

冒頭でも解説したように、出社する必要がないのに、わざわざ時間をかけて職場に行くというのはかなり無駄なことです。

その時間があれば、タスクの1つや2つ平気でこなせるかもしれません。

社員の出社時間というのは、当然それぞれ異なるわけですから、10分で着く人もいれば、1時間以上かけて出社してくる人もいるのです。

また、通勤時間と帰宅時間を合わせると、かなりたくさんの時間を無駄にしていることになります。

リモートワークを導入すれば、通勤時間や退勤時間を削減することができるため、その分生産性が上がる可能性もあるのです。

従業員のモチベーションアップ

リモートワークを導入する最も代表的なメリットは、社員のモチベーションアップです。

経営陣からすると残酷な現実かもしれませんが、

  • できれば出社したくない
  • 毎朝起きるのがつらい
  • 満員電車に乗っているとモチベーションが下がる

という社員は、驚くほどたくさんいるのです。

始業前からそのようなモチベーションの社員に、

「集中して生産性をあげろ」

といっても無理な話です。

しかし、リモートワークを導入することにより、

  • 通勤する
  • 満員電車に乗る
  • 人と会う

という社員のストレスを削減することができるため、逆にモチベーションアップに繋がる可能性があるのです。

 

人材の確保がしやすい

企業にとって、資本はもちろん大事ですが、それ以上に人材が宝です。

どれだけ資本力のある会社でも、優秀な人材がいなければ仕事を回すことはできません。

リモートワークを導入していない場合は、どうしても会社周辺で、できるだけ優秀な人材を探すほかに手段がなくなってしまいます。

しかし、日本全国規模でみると、より優秀な人材はたくさんいるのです。

リモートワークというのは、ネット環境さえあれば行うことができるため、オフィスから遠く離れたところに住んでいる優秀な人材を発掘しやすくなるのです。

先ほど、リモートワークにコストがかかると解説しましたが、多少のコストをかけてでも導入することで、それ以上の利益を生み出してくれる人材を見つけることができる場合もあるのです。

 

リモートワーク導入方法

では、リモートワークはどのように導入すればいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

ツールを用意する

まずはツールを用意しましょう。

ツールというのは、主にコミュニケーションツールのことです。

リモートワークを導入する場合でも、一緒に働く仲間とのコミュニケーションがとても大事になります。

例えば、チームで仕事を進めている場合や、企画を打ち出す場合などは、必ずと言っていいほど会議が必要になります。

リモートワークをしながら、会議をするためには、オンライン会議ソフトなどを導入する必要があるのです。

ZOOMなどを利用すれば、同時に複数人でミーティングなどを行うこともできるため、効率的に仕事を進めていくことができるようになるでしょう。

 

ルールを決める

就業規則などは、あらかじめ決められていると思いますが、リモートワークを導入する場合には、リモートワークにのみ適用されるルールなどを決めることが大切になってきます。

リモートワークは、オフィスに出社しての勤務と比べるとかなり例外も出てきます。

 

そのため、ある程度ルールを決めて、社員に徹底させることができれば、直接監視の目が行きわたらなくても、しっかりと働いてもらうことができるでしょう。

 

見落とせない制度・運用方法

リモートワークを導入するのであれば、見落とせない制度や運用方法がいくつかあります。

 

勤怠管理

まずは勤怠管理です。

どのように始業や終業を記録するのか、誰に報告するのか、万が一欠勤などになった場合はどうするのか、ということをしっかりと決めておくことが大事です。

これをおろそかにしてしまうと、リモートワークを導入したことが仇となり、チームワークや生産性が乱れてしまう可能性があるのです。

 

コミュニケーション

リモートワークを導入するとなれば、社内、社外のコミュニケーションにも気を配る必要があります。

例えば、

  • トラブルが発生した場合は、どのような流れで情報を共有するのか
  • クライアントから連絡があった場合はどうするのか
  • 従業員からの意見や不満は誰が聞いてくれるのか

など、業務のことばかりではなく、社員のことも考える必要があるのです。

 

社員評価

リモートワークを導入するとなれば、上司は直接部下を見て回ることができなくなってしまい、評価をする判断材料が少なくなってしまいます。

そのため、結果や数字を見て評価をする企業が増えていますが、不公平な評価にならないように気を付ける必要があります。

 

まとめ

リモートワークを導入すると、場合によっては生産性が上がったり、社員のモチベーションを上げたりすることができます。

ただ、導入にあたっての注意事項などもたくさんあります。

安易な考えでリモートワークを導入してしまうと、一気に会社の士気を下げてしまうことに繋がりかねませんので、慎重に導入していくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました